#62 点描の唄(feat.井上苑子) / Mrs. GREEN APPLE

いつまでも いつまでも

続いて欲しいと願っている

手を取ることは出来ずとも

過ぎていく現在に抱きしめられている

私の 僕の

時間が止まればいいのに

  点描の唄(feat.井上苑子) / Mrs. GREEN APPLE(作詞:大森元貴

 

2018年にリリースされたMrs. GREEN APPLEの7thシングル、

「青と夏」に収録されているカップリング曲。

ポップなバンドのイメージを覆す、繊細で美しいバラードナンバーである。

もともとヴォーカルの大森は、様々な楽曲でファルセットを駆使しており、

バンドならではのバラード曲も多数リリースしているが、

井上苑子とのコラボレーションにより、

過去の楽曲よりも少し力の抜けた、繊細さが特徴的である。

 

ひと夏の恋をテーマにした映画のために書き下ろされたであろう本作は、

終わりが決まっている限られた時間を愛しい人と過ごす内容となっている。

単なる叶わぬ恋を歌うのではなく、互いに想い合っていることを知った上で、

夏が終わると同時に離れ離れになってしまう現実に打ちひしがれている、

そんな歌詞が非常に甘酸っぱく、心地良い。

 

夏休みの間、帰省した先で出逢った恋、であればとても可愛らしい。

大人になって、想い合っていても終わりを見据えている恋と言われると、

浮気や不倫がすぐに頭に浮かんでしまう。

それでも大人たちは、そんな過ちを繰り返して生きている。

恐らく、半数以上が何かしら後ろめたい気持ちを抱いた経験を、

しているのではないだろうか。

 

いつか終わらせなければ。

それはつまり、好きな人に自分から「さよなら」を告げるということ。

そんな辛く苦しい現実が、時間と共に迫ってくる。

もしくは、その人と共に生きる道を選び、

今まで立っていた道から外れていくのか。

それもそれで、引き換えに大事なものをたくさん失う。

 

私の、僕の、時間が止まればいいのに。

とても単純で、ありきたりな言葉のはずなのに、

何故だかとても心に響くものがあった。

時間が止まればいいのに、なんて子供じみた気持ちを、

すっかり忘れていた。

夢中になって初めて、頭で思いつくのではなく心から思うのだ。

あの言葉の通りの気持ちが、自分の中にもまだあったなんて。

そんなことにも驚いたものだった。

 

「手を取ることは出来ずとも」という歌詞が、

あなたのことは選ぶことが出来ないけれど、という気持ちが描かれていて、

胸が締め付けられる。

この気持ちを相手が知ったら、どんなに悲しむだろうか。

相手は自分を運命の人だと思っているかもしれない。

もしくはそれに互いが気づいているのだとしたら、

こんなに切なく苦しいことはない。

過ぎていく現在に、抱きしめられている時間に幸福を感じ、

その先の別れが訪れるのを先延ばしに出来ないかと、

足掻くことしか出来ないのだ。

 

世の中、常識なんてものがあるが故に、

ひとりの人と愛し合い結婚するのが当たり前だし、

男は女、女は男に恋をするのが当たり前、

そんなものさしが人々の常識としてインプットされている。

世間はダイバーシティだの何だのと取り上げるが、

マイノリティなんて言葉を使う時点で差別化しているし、

実際に少数派の人間は肩身の狭い思いで毎日を生きていることだろう。

誰にも相談できず、苦しんでいる人だっているに違いない。

 

叶わぬ恋だったとしても、刹那的な関係だったとしても、

時間が止まって欲しいと思うほど愛おしい人に出逢えたのなら、

それで人生幸せだ。

その先にどんな別れが待っていても、

人を愛することができた、愛される人間であった、

そのことが大事なのだ。

どんな結末も、互いに受け止めなければならない。

それが解ってるから、願う。

終わるな、夏よ終わるな、と。

#61 2人 / ともさかりえ

お互いの考え方 聞いたり答えながら

今までは気づかずいた自分と出逢った

わかり合える楽さは肩を寄せるだけだね

足りなかった "強さ" は別れの時手に入れたよ

一緒にいたかった 思っているけど

2人が輝くのは 2人が離れてるから

                 2人 / ともさかりえ(作詞:秋元康

 

1997年にリリースされたともさかりえの4thシングル表題曲。

女優としてのイメージが強い彼女が、

歌手として精力的に活動していた頃にリリースされた楽曲である。

ハスキーめなウィスパーボイスと滑らかなメロディが心地良い、

ミディアムバラードとなっている。

 

一緒にいたかったけど、別々に生きた方がお互いが輝ける。

そんなことに気付いてしまった時、人はどんな選択をするだろうか。

好きなのに別れを選ぶなんて、ドラマや映画の世界だけだと思っていた。

それでも大人になると、好きだけでは続けられない恋があることを知った。

 

こんなに一緒に居て楽なのに。

こんなに自分をさらけ出せるのに。

こんなに見つめていたいのに。

 

嫌いになるから別れるのではない。

そんな恋愛は遠い昔に置いてきた。

大人になると、別れの原因は複雑になっていく。

夢を追うために遠くに行く相手を応援するため。

重い病を患っていることを告げられ、相手を思い、知られずに離れるため。

大切な人の好きな人が、自分ではないことを知ってしまったため。

 

過ぎる時間の速さが驚くほど速い。

楽しければ楽しいほど、風のように日々が過ぎ去っていく。

好きな人と居ると、誰しもがそう感じると思う。

そして、そんな愛おしい時間をただ過ごしていればいい、

そんな簡単な人生はない。

 

決断の時が迫っているように感じる。

このままで居たいのに、居られない。

選ばなければいけない。

長くは、続けてはいけない。

 

それなりに別れは経験してきた。

恋人も、友人も。

でもそれは、ちゃんと相手を嫌いになって、終わらせてきた。

でも今は違う。

 

一緒にいたかった、誰より近くで。

2人は離れて、互いに輝くことが出来るだろうか。

迷ってもその答えは誰にもわからない。

そう信じられればきっと、別れを決断することができるのだから。

#60 Will Be All Right / KAT-TUN

簡単にはいかないよ わかるだろ?

誰よりも積み重ねた日々が

最後には輝いて俺達をつないでく

この先へ進もう

                    Will Be All Right / KAT-TUN

 

2006年にリリースされたKAT-TUNの1stシングル「Real Faece」収録曲。

カップリング曲ながら非常にクオリティが高く、初期の人気曲のひとつである。

また、KAT-TUNのメンバーが作詞をしている曲も珍しく、

曲調がロックテイストを好む彼らの曲の中ではポップ色が色濃いのも珍しい。

3人になった今となっては、6人の共作は発表されることは恐らくないであろう、

貴重な楽曲のひとつである。

 

当時イメージキャラクターを担っていた、

バレーボールの応援歌として書き下ろされた本作は、

大丈夫、羽ばたく、夢、光、仲間と前向きな言葉がたくさん散りばめられている。

サビも「It's All Rightありのまま」「限りない夢を乗せて」「羽ばたくよ今ここで」と、

段階を踏んで音階が上がっていく曲調も、躍動感があってとても元気付けられる。

 

その中でも、積み重ねた日々が最後には輝く、というフレーズに共鳴する。

コツコツと、努力を続けてきたものには、必ず神様がご褒美をくれる。

そんなことを信じながら子供の頃から真面目に努力する子だった。

そのお陰で大きな失敗もなく、分岐点に出くわす度にそれなりの選択をして来られた。

良い選択をするために、選択肢を増やす為に、コツコツと努力をして来たのだ。

今では、自分がそんな性格に生まれて良かったと思うほど、

それなりの辛さとそれなりの幸せを感じながら、生きることを味わえている。

 

ポジティブな言葉を並べた曲は、綺麗事で片付けられてしまうことが多いけれど、

綺麗事を信じて生きている人間はたくさん居る。

勝つために努力をする。愛される為に努力をする。成功する為に努力をする。

報われないことももちろんあるけれど、皆、何かを頑張って生きている。

簡単には掴むことができないことを知っているから頑張れる。

 

It's All Rightありのまま。

ありのまま自分が信じたとおりに進めば良い。

きっと積み重ねた日々の先には、光が待っているに違いない。

綺麗事だけど、とても素敵な言葉だ。

明るいサウンドが、より心を明るく照らしてくれる。

私はKAT-TUNのファンではないため知っている曲は少ないけれど、

この曲が発売された当時から今まで、

私の中では彼らの曲の中でNo.1を誇る不動の名曲である。

 

明日が良い日であるように、今日を一所懸命に生きる。

1年後が良い日々であるように、今年を精一杯生きる。

そうやって、今よりも良い日々がずっと先に続いていることを願って、

今日も真面目に生きようと、その気持ちが原動力になっている。

そしてその原動力のひとつである音楽。

こうやって、たくさんの曲に囲まれることは、

過ごす日々の糧になっているに違いない。

#59 遥花~はるか~ / melody.

抱きしめたい

あなたをぎゅっと暖めたい

あなたが凍えないように

強く 望むなら優しく

心つなぎ その夢が届きますように

           遥花~はるか~ / melody.(作詞:白鳥マイカ

 

2008年にリリースされたmelody.の引退前ラスト11thシングル表題曲。

ハワイで生まれ育ったため英語の発音が良く、全英語詞や英語交じりの曲が多い。

その中でも「遥花~はるか~」は全日本語詞で、彼女には珍しい楽曲である。

透明な歌声が非常に心地良く、当時ドラマの主題歌にも起用されヒットした。

 

抱きしめたいあなたをぎゅっと、強く、望むなら優しく。

愛する人を抱きしめるとき、あなたはどんな気持ちで抱きしめるだろうか。

想いが伝わるように、ぎゅっと、強く、痛いと言われるくらい、

強く強く抱きしめて、何も言わなくても気持ちが伝わるように抱きしめるか。

それとも包み込むように、相手の気持ちを受け入れるように、

優しくそっと抱きしめるか。

 

抱きしめて愛を伝えるのは、少し自己満足のような気もする。

もちろん、抱きしめられて初めて愛を感じる人だっているだろう。

でも、どんな抱きしめ方をすれば相手が一番幸せを感じるかを、

意識したことはあるだろうか。

性欲のままに抱きしめるのは、自分の欲を満たすため。

寂しいから抱き寄せるのも、自分の心を暖めるため。

そうではなくて、相手を幸せにする抱きしめ方とは、どんなものだろうか。

 

どうして大事なことはそばにいると気付けないのだろう。

愛は一方通行では成立しない。

あなたは今、私に何を望んでいるか。

幸せだ、と思ってもらえることは、どんなことだろうか。

そもそも、あなたを幸せで満たそうとしていること自体、

傲慢なことなのだろうか。

 

遥か彼方まで咲き続ける花をイメージしたというこの曲。

二人の愛という花が遥か彼方まで咲き続けるには、

一方通行では決していけない。

強く、望むなら優しく。

あなたが嬉しいと思ってくれることをしてあげたい。

その気持ちは、きっと永遠をくれる。

 

自分の思いよりも、相手の気持ちを優先できることは、

それが意図的でなく自然に思えることは、とても素敵なことだと思う。

まだそんな人には巡り会えていないと言う人も多いかもしれない。

無償の愛を捧げることが出来る人に、私も出逢いたい。

いや、出逢えているのだとしたら、失うことを恐れずに、

その人のために見返りを求めず何かをしてあげたい。

誰と生きたいか。誰と生きるべきか。誰が自分と生きたいと思っているか。

色々な気持ちが混ざり合うのが人生。

皆が幸せになる選択を、しっかりと出来ますように。

#58 シャングリラ / Acid Black Cherry

愛するもの奪われても

希望や夢壊れても

それでも今君は生きてる

わかるかい?

                  シャングリラ / Acid Black Cherry

 

2011年にリリースされたAcid Black Cherryの12thシングル表題曲。

Janne Da Arc時代から激しいロック曲が多い中、

本作は非常にポップス色が強く、他の曲とは少し違う雰囲気を放つ楽曲である。

この曲も彼のキーの高い声が活かされており、オーケストラもバックにつける等、

とても聞き応えのある1曲となっている。

 

東日本大震災からもう8年。

今も悲しみを抱えた人々が日々を生活している。

電車が止まって困った程度の私の生活には、そこまで大きな影響を与えなかったが、

急いで家に戻ってニュースで見たリアルタイムの津波の映像はやはり衝撃的で、

今でも「これは本当にやばい」と思った記憶が鮮明に残っている。

 

愛するものが奪われて、希望や夢が壊れたあの日。

生きる道を用意されたあなたは、今何を思って生きているのだろうか。

目の前でさらわれていった大切な人。

連れて行くことが出来なかったあの人。

子供の頃から過ごした思い出の家や町。

何もかも無くなっても、命だけが残ったら。

 

彼のメッセージは、映像やニュースを見て、

そんな経験をしてしまった想像をすることしか出来ないような私たちには、

とても素敵なメッセージに映る。

でも、東北であの日地獄を見た人々の心には、どう映るのだろうか。

 

この曲の歌詞には、震災で特に被害が大きかった宮城、岩手、福島の3県の名前が、

歌詞の中に隠れている。

とても粋なことをするなと、当時思ったものだ。

私は音楽が大好きで、歌はリラックスさせてくれるしストレス発散にもなる。

でもそんな計り知れない悲しみを抱いている人にとって、

音楽はどの程度の存在なのだろうかと、たまに考える。

所詮気休めなのか。綺麗事を言っているだけで耳障りなのか。

 

その場でその経験をしていない人にとって、

経験者の気持ちを真の意味で理解するなんて不可能であるし、

出来ることなんてないのかもしれない。

何もできない一般人なんかより曲を発信できるだけよほど立派だと思うし、

誰か一人にでもそのメッセージが突き刺さっていたら、

絶望の中にいた誰かに生きようという希望を与えるきっかけを作っていたら、

そんな素晴らしいことなんてないと、私のような何もできない人間は思う。

 

何があったって、命ある限り生きていかなければならない。

あの日、この世を去ることになった人々も、

それを背負って生きていかなければならなくなった人々も、

穏やかな気持ちで眠れる日が、いつの日か、来ますように。

#57 明日の歌 / aiko

明日が来ないなんて思った事が無かった

いつでも初めては痛くて苦しくなるんだね

これはあなたの歌 嫌なあなたの歌

誰かが鼻歌であの雲の向こうまで

笑い飛ばしてくれますように

                    明日の歌 / aiko

 

2014年にリリースされたaikoの11thアルバム、

泡のような愛だった」収録のリード楽曲。

ベテランでキャリアも長いが、未だに首位を獲得することが出来る、

息の長いアーティストのひとりで、本作もオリコン1位を獲得している。

どの世代にも共感できる歌詞や衰えない歌唱力も魅力のひとつである。

 

いつでも初めては痛くて苦しくなるんだね。

この曲の中で最も印象的で、記憶に刻まれた言葉である。

初恋なんてとっくに終えているし、人に振られることだって、

振ることだって、この歳になれば一通り経験している。

そんな時、いつだって胸が痛く苦しくなったことを、思い出させてくれる。

そして、少なくとも自分が味わったそんな苦しみを、

きっと誰かにも与えてしまっている。

 

辛い過去を持つ人はたくさんいる。

私の想像の出来るような苦しみも、誰にも理解されないくらい壮絶な悲しみも、

知らないだけで色々な人の心の中に眠っている。

今、目の前で一緒に笑って話している人だって、

自分が知るもっと前に、絶壁の苦しみの壁を乗り越えていて、

今があったりするのかもしれない。

 

自分の身近な人が、実はとても深い悲しみを抱いていて、

それを知っても何も力になれない時、こんなに苦しいものかと思った事がある。

そしてそんな人が気持ちをぶつけて来てくれて、それには応えられない自分が居て。

でも、それで突き返したりなんかできない。あなたは私に必要な人だから。

これからも仲良くしていきたい、大切な人だから。

中途半端に応えてしまったことで、その人の気持ちを引き留め、

諦めさせることができず、余計に苦しい気持ちにさせてしまう。

その人の笑いながら流す優しい涙を見て、そんな気持ちを知って胸を痛めた。

そう、まさにこの歌詞のような気持ちを、自分が感じるのではなく、

相手に感じさせていると気付き、胸が苦しくなったのだ。

 

あなたは私の思い出の中に確かに居て、

同じ思い出でもあなたの中ではそれが光り輝く特別なものになっていて、

それを同じように特別な光として共有してあげることが出来なくて。

「好き」と一言で言うことができるのに、

何故その裏にある気持ちはこんなにも交わることが出来ないのだろうか。

違う道を通っているなんて、同じ場所に辿り着けないなんて。

 

自分の気持ちのほうが強くて、それが叶わない痛みなら耐えることが出来る。

でも、相手の気持ちのほうが大きくて、それには応えられなくて、

でもあなたとは縁を切ったりなんて出来なくて、人生に必要な人で。

そんな扱いをしてしまったら、あなたは辛く苦しくて。

それでもいい。

そう言われた。

それでもいいなら、友達でいられるのだろうか。

それでも?

本当はもっと、望んでいる。

 

明日が来ないなんて思った事が無かった。

あの日から、あなたの気持ちを知ったあの時から、

それまでの純粋に笑い合っていた二人に戻ることは無い。

こんな私の呪縛からいつか離れて、本当の幸せを手にしてくれるだろうか。

私が目くらましになることで、そこに居るあなたを幸せに出来る誰かに、

あなたが気付くことが出来ないかもしれない。

私よりも好きだと思う人に、ちゃんと出会ってくれるだろうか。

その時また仲の良い友達として、笑い合うことができるだろうか。

 

今もまだ、答えを出せないでいる。

#56 ハナウタ / [ALEXANDROS]×最果タヒ

きみに触れるたび満ちたむなしさは

愛に変わらずに溶けて消えてゆく

いつか、孤独のまま愛を許すこと

きみのさみしさをぼくは愛せるか

ひかりのなかに恋をしてる

孤独はきっと、そういうもの

愛が、とけだすように揺れる、ぼくだけの朝

       ハナウタ / [ALEXANDROS]×最果タヒ(作詞:最果タヒ

 

2018年にリリースされた、

[ALEXANDROS]の16thシングル「KABUTO」に収録されたカップリング曲。

自身で楽曲を作成している彼らが外部から詞を提供してもらうのは初めてのことで、

小説家の最果タヒによる作詞として注目された。

また、編曲は小林武史が担当しており、

流れるように滑らかなリズムと言葉が絶妙な、ミディアムナンバーとなっている。

 

何かのきっかけで独りきりの孤独を抱えた人間は、

人を愛すことを畏れる。

裏切られることを知っているからこそ、人間を信じず、心を開こうとしない。

心が折れそうになっても、いつかは全てが消えると、頭の中で繰り返す。

 

眩しい世界は苦手だ。

光に目を背けたくなる。

それでも、心のどこかで憧れはある。

誰かと笑顔で街を歩き、それなりの毎日を生きる人間に、

なることはできないのだろうか。

 

諦めている人間は意外とたくさんいる。

でも、誰も皆諦める前に諦めていなかった自分が過去にいたはずである。

その時の記憶が蘇って、もしくは希望を知らない世界を生きていても、

生きていれば誰かの優しさに触れる日が必ず来る。

その度にまた頭には、いつか全て消えるのだと忠告が入る。

触れた優しさに愛を抱くことができないのだ。

 

私は何かとてつもなく暗い過去を持っているわけではない。

でも子供の頃から、嫌われるのを恐れ、いじめのターゲットになるのを恐れ、

自我を押し殺して生きている子供だった。

やりたいことをやりたいと言わず、やろうと言われたことをやる。

食べたいものを食べたいと言わず、食べたい人にそれを譲る。

誰にも嫌われなかったけれど、家を出れば孤独だった。

 

作り上げられた「自我を押し殺す自我」は、

大人になった今でも自分の軸として組み込まれてしまっている。

「欲」が人より少なくなってしまったのだ。

近くにいる誰かの欲が満たせれば、自分が本当に嫌なことでなければ、

何でも受け入れられるのだ。

好きになってくれた人を好きになった。

親友だと言ってくれる人を親友にした。

やりたい仕事などなく、必要とされる場所で上司が必要とする仕事を全うした。

 

そして今、自我を押し殺した孤独な心は迷っている。

我侭すぎず嫌味もない、自分の欲より優先しても苦しくない、

何年も前から自分を大切にし続けてきてくれた恋人と、

私と似たような感覚と、それでも自我を通そうとして辛い経験をした過去を持ち、

私の自制した欲を感じ取り、吸い出した上で受け止めてくれる新しく出会った人。

前者を選べば、

「誰かと笑顔で街を歩き、それなりの毎日を生きる人間」になることができる。

後者を選べば、

今よりも自分らしくいれる代わりに、

ひっそりと、嘘を重ねながら陽の当たらない場所を選んで生きていくことになる。

 

闇を抱えている人間は、辛さを知っているが故に、

似たような苦しみを味わっている人に手を伸ばそうとする。

そんなことをしてもきっと、孤独は消えない。

その孤独を抱えたまま、誰かに愛を捧ぐことは出来るのだろうか。

誰かが隣にいても、壁が厚い分遠くに感じてしまう、付き合っているのにまるで、

好きな人に好きと言えないもどかしさのよう。

ひかりのなかに恋をしている。

孤独はきっと、そういうもの。